三菱自動車社長「不正、夢にも思わなかった」


三菱自動車の燃費不正問題について

三菱自動車の社長は「不正、夢にも思わなかった」。

18日午後の記者会見で辞任を表明した相川哲郎社長は、「長く在籍した開発部門で不正が起きた。トップ自身が現場をもっと知るべきだった」と苦渋の表情を見せた。

軽自動車の実験はずっと子会社に任せていて、他社の技術の進展に追いつけなかった。

データ改ざんについては、基本的な数字を操作しているとは夢には思わなかったと。

会見では、担当部長が「何としても燃費目標を達成しろ。やり方はお前らで考えろ」など強い口調で迫ったことも明らかにした。


上からのプレッシャーがあったのだろう。
どこの会社でも似たようなことはある。

ただ現場を知るべきだったというのは社長として役目を果たしていない証拠になりませんかね?

スポンサードリンク


posted by 商品の激安、感想、レビューの情報 ショップ通信 at | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする